看護の日・看護週間事業(ナースToday)


「看護の日、看護週間」とは?▼

看護の日とは

21 世紀の高齢社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を、私たち一人一人が分かち 合うことが必要です。こうした心を、老若男女を問わずだれもが育むきっかけとなるよう、旧厚生省により、「看護の日」が 1990 年に制定されました。市民・有識者による「看護の日の制定を願う会」の運動が、きっかけでした。

「看護の日・看護週間」の由来

近代看護の基礎を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなんで、5月12日に「看護の日」が制定されました。そして、12日を含む週の日曜日から土曜日までを「看護週間」とし、「看護の心をみんなの心に」をメインテーマに、気軽に看護にふれていただける楽しい行事が、全国各地で行われます。

宮崎県看護協会が行う看護の日・看護週間事業

みやざきナース Today▼

■2019年度実施報告

実施報告書をご覧になりたい方は、こちらから。

【開催日時】2019年5月11日(土)11時〜16時
【会  場】宮崎市民プラザ(オルブライトホール)
【対  象】県民、中高生および保護者
【内  容】
1)【講演】

テーマ:看護の心を伝え、広める~看護のリレートーク~ 発表者:現役の保健師、助産師、看護師 コーディネーター:公益社団法人宮崎県看護協会 会長 中武郁子

2)【看護進路説明会】

1.看護教育内容の説明
2.県内の各看護学校の説明(大学2校、看護師等養成所7校)
3.県内准看看護学校、5年一貫校パンフレット案内(ロビー)

3)【看護の日・看護週間 PR】

①街頭や宮崎市民プラザ周辺で(ロビー等)看護の日グッズや資料を配布し「看護の日」をPRします。
②パネル展示(ロビー)
※ふれあい看護体験写真展、災害支援ナース写真展、看護のお仕事紹介写真展
2019年度より、県内7地区で開催していた「みやざきナース Today」は形を変えてリニューアル開催いたします。地区別のイベントは5月に開催される地区別「まちの保健室」の中で健康相談と看護のPRを行うことになりました。これからの「みやざきナー ス Today」は、名称は変わらず県央(宮崎市内)でのPRイベントとなって、引き続き「看護の魅力」を発信していきます。

■2019年度の「看護の日・看護週間」事業のご案内 ⇒ 実施要領